【マンガ動画】作るには?初心者でもYouTubeで活躍できる

最近、YouTubeを観ていると、
漫画の広告って流れてこないですか?

あれ、すごくよく出来ていて見入っちゃいますよね!おもしろいですし!

今回は、【マンガ動画】にスポットをあててみました。

これ見りゃできるマンガ動画編集

まだ、ピンときていない人もいると思います。漫画?動画?という方は↓の動画をご覧ください。

takutoさんという方がマンガ動画の編集しています。編集作業に興味がある人は必見ですよ。なかなか覗けるものでは無いですもんね。現役プロが徹底指導!動画編集スクールはこちら!

takuto様のプロフィール

takuto@動画編集者
@takutomoviecut
動画編集の案件を募集しています。
http://u0u1.net/jWkd
【スキル】
PremiereProを使った動画制作が可能です。
サッカー好きです
引用元:takuto@動画編集者プロフィールより

マンガ動画の人気

マンガ動画について少しは、理解いただけましたか?YouTubeでは、広告としても流れてきますが、マンガ動画専門のチャンネルも多数あります。

1つの動画で視聴回数が10万回以上の物もあり、この人気ぶりは、漫画文化がうかがえますね。マンガ動画は通常の広告よりもかなりの宣伝効果を得ることができます。

それは、自社商品のPRで伝えたいことが漫画だと誇張して伝えられることが利点があるからです。なので、マンガ動画での広告に注目している企業やYouTuberがいます。

例えば、ダイエットサプリの商品の広告なんか適していますね。漫画で伝える事により、製品に対しての安心感、認知度が上がりやすくなります。

さて、どのようにして、マンガ動画が作られていくのかおさらいを兼ねてみてみましょう。

 

マンガ動画の作り方

作業は、大きく4つにわけられます。
どれが欠けても成り立ちません。

・シナリオをつくる構成
・漫画作家、イラストレーター
・ナレーション、声優
・漫画動画の編集


シナリオをつくる構成作家

まず、シナリオがしっかりできていないと、完成した、マンガ動画がどんなにすばらしくても、視聴者に何も伝わりません。特に、漫画の冒頭は必ず注意を引くようにしましょう。開始数秒で違う動画に行ってしまわぬようがっちり掴みましょうね!

 

漫画作家 イラストレーター

パソコンで漫画、イラストを作成する事をデジタル漫画といいます。漫画動画においては、カラーである事が一般的です。これから始めるよという方はSNSを使ってアウトプットする場を設けて発表、発信することをオススメします。クラウドソーシングには、YouTubeの短編アニメ動画の漫画・イラストを描いて頂ける方を募集!などの案件があります。企業も募集しているので応募してみましょう。補足として、 Wacom製のペンタブレットが人気ですね。デジタルでイラストを製作するなら必須です。

 

ナレーション、声優

声の仕事は、家にいてもできるという事で人気になってきています。クラウドソーシング(ココナラなど)で案件を受けることができます。オーディオブック用の仕事もありますね。ネット声優なんて呼ばれたりもします。

あっ!これからは、音声の時代きますからね。声優目指す方、CHECKですよ。

マンガ動画の編集

素材が集まれば最後は、編集作業にはいります。動画編集は、特に人気の仕事となっています。



5Gになることで「動画の時代がくる」なんて言われていますね。今後も需要が拡大していくことは間違いないですし、手に職をつけるといった点で覚えて損のないスキルでしょう。※今回は、マンガ動画に注目していますが、幅広くスキルを身につければ、仕事を選ばず受けられます。

今回、takutoさんが使用していたビデオ編集ソフトは、Adobe Premiere Proになります。その他、無料で使えるソフトAviUtlもあります。これから始める方はそちらを使ってみて、漫画動画編集の仕事を本格的に始めるか決めても良いと思います。

・画像、漫画を並べる
・ナレーションを読み込む
・ナレーションをあてる。
・セリフを隠す
・BGM、効果音をあてる。

↑は主な作業内容になります。

まず、漫画をならべて、スライドを作っていきましょう。ナレーションの長さにもよりますが、テンポよく物語が進行するようにしましょう。

ナレーションの音量ですが、動画でもありましたように注意が必要です。全体のバランスも考えなくてはいけないですが、音量が低いと聞こえません。もちろんの事ですがセリフはしっかりと聞こえるようにしましょう。

音の強弱で物語に抑揚をつけることで面白く、見ている人を飽きさせないようにできます。

セリフやコマ割りを隠し、物語の進行によって順番に表す事で見ている人にどこを読めば良いかを意図的に注目させる事ができます。こんな工夫が隠されていたのですね!覚えておきましょう。

効果音やBGMでも、物語を表すことができることを頭にいれてポイントになるところで取り入れましょう。

チャイムの音やレジの音でその場の雰囲気がでてましたよね。あまり入れすぎてもいけません。ごちゃごちゃして何を伝えたいのかわからなくなるからです。

せっかく良い素材があっても編集で手をぬいてはいけませんね!大変な作業になりますが、編集という仕事で1つのマンガ動画が完成しますので、やりがいのある仕事ですよね!


まとめ

マンガ動画の世界は、どうでしたでしょうか?声優やイラストなど一人ですべての作業をすると無理な作業ですが、個の力により1つのマンガ動画を作り上げることができます。現役プロが徹底指導!動画編集スクールはこちら!

・これからYouTubeにアップしてチャンネル登録者数をふやしたい、

・企業の広告としてマンガ動画を活用したい、

・実際にマンガ動画の制作に携わりたい方にとって少しでも理解が深まったら幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。副業、起業の手助けになる情報をまとめています。
良かったら他の記事も読んでくださいね。ゆういち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA