【温室効果ガス0ゼロ】地球に住めなくなる日【中田敦彦】環境破壊を学ぶ

あなたは、環境問題について自分の考えをお持ちですか?

私は、何も考えていませんでした。
それは、間違っていました、、、

地球から人間が滅ぶのもすぐなのかもしれません。

中田敦彦のYouTube動画

今回、紹介させていただく動画は、中田敦彦YouTube大学の動画です。まさに衝撃をうけました。まずは、見てください。私達は、地球に住めなくなります。

中田敦彦のプロフィール

1982年生まれ。2003年、慶應義塾大学在学中に藤森慎吾とオリエンタルラジオを結成。04年にリズムネタ「武勇伝」でM‐1グランプリ準決勝に進出して話題をさらい、ブレイク。またお笑い界屈指の知性派としてバラエティ番組のみならず、情報番組のコメンテーターとしても活躍。14年には音楽ユニットRADIO FISHを結成し、16年には楽曲「PERFECT HUMAN」が爆発的ヒット、NHK紅白歌合戦にも出場した。マルチな活動はとどまるところをしらず、18年にはオンラインサロン「PROGRESS」を開設。さらに19年からはYouTubeチャンネル「中田敦彦のYouTube大学」の配信をスタート(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
『幸福論 「しくじり」の哲学』より

環境破壊

「地球に住めなくなる日が来るかもしれない」決して大袈裟でないのがわかりましたでしょうか?

動画の内容を順をおってみていきましょう。まず、温室効果ガス、主に二酸化炭素の増加によって地球に熱がこもって環境破壊をしているよーというのは、みなさんご存知かと思います。

しかし、熱波による森林火災、そして、海面の気温上昇による大豪雨。さらに、新型のウイルスも出てくるというのです。

ここまでの事実を知っていた方は少ないのではないでしょうか?

カルフォルニアの森林火災はなんと8100k㎡、昨年の20倍だというのです。
どこか他人事のような気持ちでいる方もみえるのではさと

そして、戦争も起きます。最後は、人類が滅ぶのです。決して大袈裟な話ではありません。

パリ協定の約束

この危機的状況のため、各国の政府は約束ごとをつくります。パリ協定があります。

パリ協定とは地球温暖化を防止するために、温室効果ガス、主に二酸化炭素の排出量を実質ゼロにすることができるように世界中の国がその削減目標を決め、2020年以降の地球温暖化対策を定めた協定です。

産業革命以前と比較して2℃未満、できれば1.5℃未満に抑えることを目標としています。しかし、それは、ただの目標に過ぎず、世界は成長と発展を重視しています。

果たして達成できるのか、そんな曖昧な事を考えている我々。あなたは、一人の女の子、グレタさんのスピーチを知っていますか?

 

グレタさんのスピーチ

スウェーデン出身の16歳という若さのグレタ・トゥンベリさんは、国連の地球温暖化サミットでスピーチをしました。一部分を和訳したものです。

「あなた方は、私たち若者に希望を見いだそうと集まっています。よく、そんなことが言えますね。あなた方は、その空虚なことばで私の子ども時代の夢を奪いました。」

「人々は苦しんでいます。人々は死んでいます。」

「なのに、あなた方が話すことは、お金のことや、永遠に続く経済成長というおとぎ話ばかり。よく、そんなことが言えますね。」

森林火災や異常豪雨、さらに異常少雨や干ばつに陥る地域があります。すでに地球は悲鳴をあげているのです。グレタさんは私達に怒っているのです。

地球を汚しているのは、日本人

温室効果ガスを大量に出しているのは、アメリカ中国ロシアドイツなどの先進国ですが、その中に日本も入っています。

日本人は地球を汚している事実を知ることから始めなければなりません。

私達は、どこか自分の事ではないと思っています。大量に物を作り、大量に物を消費する。贅沢をし、飯も残す。考えをあらためなければいけないのです。

 

変えられない生活水準

しかし、なかなか生活を変えろと言われてもなかなかできません。私(ゆういち)もすでにある価値感を急に変えることができるとは思えるませんでした。

でも、中田敦彦さんは「伝えることができる」といっています。そうだ、伝えることならできると思い、私も記事を書きました。

伝えるだけで、世界は変わります。

だって、みんなエコバッグもっているてしょ?だってみんな、分別してリサイクルしてるでしょ。昔の自分だったらやらない事を一生懸命できるようになるんです。

伝えたら変わります。絶対変わります。だから、あなたも変わなくてもいい。ただ、地球が危ないって事を伝えてくれませんか?

↓↓シェアお願い致します↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA