青汁王子と情報商材の闇 YouTubeビジネス詐欺の手口

どうも、ゆういちです。

 

今回は、みなさんに情報商材の闇をお見せします。

 

情報商材の闇

 

情報商材というものは、実は結構、身近に溢れているものなんです。

 

Twitterなんかでも「稼げるからやってみない?」と怪しいお誘いをもらった人も意外と多いのではないでしょうか?

 

面白い動画がありました。青汁王子こと三崎優太さんが情報商材の闇について迫っています。

 

この世の中を生きていくなら、知っておいてください。三崎さんのプロフィールと動画をご覧ください。

 

青汁王子こと三崎優太さんのプロフィール

18歳で起業をして、20代で年商130億円の会社を作り上げ、
メディアでは青汁王子と呼ばれていました
会社の社長も辞め、4億円の借金を背負ったので次の日には全部返済しました

SNS上で青汁劇場を開演
たとえ身を犠牲にしても、国民の皆様に伝えたいことがある、
第二章はまもなく開演

引用元:三崎優太オフィシャルブログ Powered by Ameba

第一話

(再生時間を調節しています)

 

 

第二話

(再生時間を調節しています。)

どう感じましたでしょうか?

 

闇の真相

 

話は、ある大学生の方から三崎さんにDMで相談が寄せられた所からはじまります。

 

相談者さんは、情報商材詐欺に合い、23万円騙し取られてしまいました。

 

「YouTubeで100万円稼げる」といった内容で情報商材を購入してしまったのです。

 

途中で騙されていることに気が付いた相談者ですが、、、

 

時すでに遅し。

 

ん〜これは、辛いですね。被害者は、酷く落ち込んだでしょうし、不安でいっぱいだと思います。

 

三崎「騙されるほうも騙されるほうです。騙される側のリテラシーも少しずつ上げていけば、こういう被害も減るんじゃないかなあと思うんですけど。」

 

たしかにそうなんですが、騙されないように先にこういった事実がある事を知っておきましょう。

 

まあしかし、こんなことがあってはいけないですし、こんな事がまかり通るなんて許せませんね!

 

三崎さんは、犯人をおびき寄せる事に成功し、無事お金を取り戻してくれました。見の危険も顧みず、行動できるなんてすごいですね!

 

※みなさんは、真似しないでくださいね。

 

犯人は、なんと高校生でしたね、、、

 

この事実に私は驚愕、涙しましたよ。

 

考えられますか?高校生ですよ。

 

高校生の時、何してましたか?勉強して、友達とバカやって、バイトしてるぐらいじゃないですか?

 

この高校生は、犯罪をしましたが、こんなふうにしてしまった環境やこういう事を教える汚い大人がいる事も問題ですよ。

 

一体何人の人が詐欺で苦しみ、何人の人が詐欺をして、人生をめちゃくちゃにしてしまっているのか。

 

ビジネスってのは、Win-Winを目指さなきゃだめなんですよ。

 

三崎「こんなのはビジネスではない。」

 

本当にそうですよ!

 

悪い事をして成り上がった人生は、必ず痛い目に合います。これは、絶対です。覚えておいてください。

 

金儲け」が嫌われるのも、こういう事があるからですかね。

 

まとめ

 

ビジネスを一生懸命勉強しようとこれから情報商材を手に取ろうとしている方には、尻込みしてしまう物をみせて本当にすみません。しかし、世の中にこういった事があるのが事実です。

 

情報商材は、本当に良いものか詐欺か区別が付きにくい物なので、知っておいてほしかったのです。今後もこのような詐欺は繰り返されるでしょう。もし、よろしければシェアをよろしくお願い致します。また、コメントの方もお待ちしております。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。ゆういち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA