Amazonで販売したら、低レビューが、、、高星評価を目指すコツ

せっかく商品を出して、これから売るぞーっ!って時にレビューが荒れて、

★3.5とかに、、、、

 

「たすけて、、、」

今回は、レビュー改善への解決策を探っていきます。

 

サクラレビューで悪いレビューを薄める

 

えっ!サクラレビュー?

Amazonにばれると、かなり危険な行為ですが、

調査すると日本人セラーもかなりやっているなーって判ります(笑)

 

ただこちら、長期でレビューを集める事を考えると大変です。

販売中は、ずーっとサクラレビューを集める事。

さらに、Amazonに通報されるため、オススメができません。

 

 

商品ページの紹介によるお客様へ与える期待値を下げてあげる

 

「この商品すごいんです!」

「類似商品よりも性能が良い」

 

など、誇大広告を謳うとお客様の期待値が高くなってしまいます。

 

買ってくれたお客様が

「だ、ま、さ、れ、たーー」

と、ならないように正直な商品紹介を心がけをします。

 

すると「意外といい商品じゃん」と高評価レビューをつけてくれることもあります。

 

とはいっても、自分の商品ですから

良さを伝えたくなるもの。

言葉のニュアンスを少し変えてみるのもgoodです。

 

 

 

商品ページで不良をあらかじめ、お知らせしてあげる

 

発売後、セラーが気付かない商品の不良品が出ることもあります。

購入するお客様が前もって知っていれば、低レビューを防ぐ事ができますね。

「製品の不良品ではなく、こういう仕様です。」

といった言い回しがベストです。

例「食べ物」稀に小さな黒いものがありますが、品質に問題ありません。とか、とか

 

 

本当に使えない商品であれば引っ込めて下さい、、、

 

 

返品交換へ誘導する商品ページを作る

 

どうしても一定数は、商品ページを読まずに購入し、届いた商品をみて、激怒します。

 

購入者「思ってたのと違う、、、」

 

セラー側としては、

買うなよっ!

と思ってしまいますが、いろんな方が購入するためいろんな思いがあります。

 

返品可能という事を商品ページ、

商品の説明書に記載する事でお客様を誘導して差し上げましょう!

 

「まあ、返金してもらえるなら、いいか」

と思ってもらえるようにして、低レビューがつくのを阻止しましょう。

 

 

商品の説明書の改善、改良

 

商品の説明書も改善していきます。

使いにくい仕様でも、説明の仕方によっては、お客様の満足度をあげる事ができます。

 

 

すでに生産してしまって説明書を書き換えることができないものは、

シールを貼ることで対応していきます。

 

 

 

商品自体を改良

 

製品の改良は、時間がかかるので、早めに工場と連絡をとっておきましょう

。場合によっては、工場の選定し直しを考えます。

 

 

 

悪いレビューをAmazonに消してもらう

 

悪い評価の内容をよく読み、もしかしたら、Amazonに消してくれるのではないかという文脈をピックアップします。

とりあえず、やってみましょう。

 

 

 

 

星評価が低いと

・★4個と★3.5個では、月に売れる個数が半減します。

 

こうも売れ個数に違いがでるのかーと悲しくなります。

 

 

 

・サクラレビューで★4個を保っている中国人セラーが扱う商品に参入は、かなり危険です。

 

どんな商品がいいか、迷っているときは、ひとつ相談下さい。お待ちしております。

★4.3を目指していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

愛知県生まれ 二児のパパ ごく普通の家庭に生まれ、ごく普通に就職 真面目にコツコツやっていくなかで、世界に自分と違う生き方をする人たちに憧れる 「まず、やってみる」を目標にまじめに副業をはじめる。 いろんな生き方がある事をまじめに伝えるため現在、ブロガーとして奮起。