りゅうちぇる夫妻の離婚とぺこが許す理由とは? 選択と自由と多様性

りゅうちぇるさんの離婚が発表されました。

妻のペコちゃんの気持ちも考えて!

と、このようなコメントが相次ぎました。

りゅうちぇるさんのインスタグラムのコメントをもとに僕たちが何に気付き、考え方を変えるキッカケを与えてもらいました。

  • 自分に正直に生きる
  • ペコさんの理解
  • 多様な生き方
  • 「夫」という言葉の力の縛り

嘘はなにひとつありませんでした。

先にインスタグラムで発表されました内容の最後を引用します。

そして、最後に信じて欲しいという のはおこがましいですが伝えたいこ とは、今までメディアに出させてい ただいた中で発してきた、 生き方へ の考え、そして、てこへの愛の言葉 には、嘘はなにひとつありませんで した。

これからは、今こうして皆さまに 打ち明けられた事によって、 僕自身 が認めてあげられた本当の自分で、 新しい形の家族を愛していきたいで す。

そしてryuchellとしても皆さまに応援 していただけるような存在であれる ように、 これからは本当の自分を大切に頑張 ります。

嘘の無い生き方

これまで、多くのメディアで発信をしてきたりゅうちぇるさんですが、嘘の無い生き方をしてきたと語っています

自信多様な生き方と表していますが、メディアでの姿をみる限り、本当に正直に生きていますよね。

だから、今回の事が世間に突き刺さり、多くの人が興味をもつのかもしれません。

りゅうちぇるのインスタグラムより

ryuzi33world929

いつも応援して

くださっている皆さまへ。

僕たちの家族についてお伝えしたい ことがあります。

8年前にてこと出逢い、 僕はてこを 好きになりました。 女性を好きになることは、 僕の人生 の中で、 初めての事でした。

てこはそんな僕に自信をくれて、男 としての幸せを教えてくれました。 お付き合いしていく中で、 こんなに も楽しくて、お互いを高め合えて、 辛い時も乗り越えられる。 そんな関係性を、 そんな愛を、自分 が女性と築けるとは思ってもいませ んでした。

一生一緒に居たいと思えたからこそ 結夫婦になる道を選択し

 

そしてその愛が形になり、 最愛の息

 

子も生まれました。

 

かけがえのない息子の父親であるこ

 

と。

 

信頼できるてこの夫であること。 ryuchell という芸能人であること。 そんなこの上ない幸せな日々を守る ために、自分を隠してでも、そう生 きていくと心に決めていました。

 

女性を好きになるのは、はじめて

 

自分が男性が好きなのか、女性がすきなのか考えた事があるだろうか?

 

調査結果によると日本では、およそ10人に1人(10%)がLGBTQなどの性的マイノリティ(性的少数者)であると言われています。

 

気づいていないだけで身近な存在となっています。

 

そんな中、 メディアで自分のこれ までの生き方や、 “夫”としての生き 方についてお話しさせていただく 機会が増えていく中で、 “本当の自 分”と、”本当の自分を隠すryuchell”と の間に、少しずつ溝ができてしまい ました。

 

これまで皆さまに多様な生き方を呼 びかけてきた僕なのに、 実は僕自身は、 “夫”らしく生きてい かないといけないと自分に対して強 く思ってしまっていました。 “夫”であることは正真正銘の”男”でな いといけないと。

 

父親であることは心の底から誇りに 思えるのに、自分で自分を縛りつけ てしまっていたせいで、 “夫”であるこ とには、つらさを感じてしまうよう になりました。

 

もちろん自分が覚悟して決めた道な のだから、

 

どんなにつらくても、 愛する家族の ために自分の本当の気持ちを押し ころす事が愛だと、 強く強く思う反 面

 誰にも、そしててこにさえ、本当の 自分のことを言えずにいる苦しさ を、毎日1人で抱え込んでしまいま した。こんなに愛する家族がいるの てしまう瞬間もありました。

自分を縛りつける「夫」という言葉

なぜ、夫という言葉に縛りつけられていたか?は、文脈からは読み取れませんでした。

私事ではありますが、僕(ゆういち)も夫であり、子供もいます。

僕自信、「夫」という立場でやらなくては!と感じた事があります。

男の自分が家族を守る
男の自分がお金を稼ぐ

言葉の力

僕たちは、「言葉」によって人生が左右される生き物です。

言葉のちからは、偉大だなあと感じました。

りゅうちぇるのインスタグラムより

に、生きていくことさえ辛いと思っ

このままでは自分が本当にダメにな って

一番守りたい家族のことも守れなく なってしまうと感じ、

これまでの事、今の思いを、てこに 全て打ち明けました。

打ち明ける事は本当に怖かったし、 申し訳ない気持ちでいっぱいでし

た。

てこに何と言われるかも想像が出来 ませんでした。

だけどてこは、 「今まで辛かった

ね」と泣いて抱きしめてくれまし た。

その深い愛に涙が溢れて、僕が思っ

ていた以上に、 僕がどんな人間であ れ、てこは僕という存在を理解し、 大切に思ってくれました。

僕自身”夫婦” という形を覚悟して選

び、そしててこも覚悟して、 僕に人 生を捧げる道を選んでくれたのに、 僕の弱さのせいで、夫として、男と

して、てこを守ることが出来なかっ たこと。

どれだけ伝えても足りないほど、 本 当に申し訳ない気持ちでいっぱいだけど、

家族として、パパとしては、 何があってもこの幸せは守りたいと 強く思いました。

それから2人で今後についてよく話 し合い、これからは”夫”と”妻”ではな く、人生のパートナー、 そしてかけ がえのない息子の親として、 家族で 人生を過ごしていこうね。 という形 になりました。 もちろん、 今まで通り家族で暮らし

ます

まずここまで読んでくださった皆さ ん、きっと驚かせてしまったと思い ます。

今お話しさせてもらった通り僕には 隠していた部分がありました。 その僕を信じて応援してくださって いた方、本当に申し訳ありません。

妻、ぺこの理解力

ぺこさんの理解力につきると思いました。りゅうちぇるさんの1番の理解者であり、
すべての事柄を受け入れる覚悟があるとかんじました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA